交通事故治療

交通事故治療について

交通事故のケガ「むち打ち」

交通事故治療むち打ち交通事故によるケガで最も多い「むち打ち症」は、事故の強い衝撃を受けた際、首や首周辺の組織が損傷して起こる症状の総称です。
むち打ち症には、事故から数日、数週間経って症状が現れるという特徴があり、主な症状に、首をはじめ肩や背中のコリや痛み、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、手足のしびれなどが挙げられます。衝撃の度合いや個人差もありますが、首周辺の筋肉や靭帯だけではなく、神経組織にも損傷が及んだ場合、日常生活に支障をきたす重篤な症状が現れることもありますので軽視できません。
事故後は、たとえ外傷や自覚症状がなくても自己判断で放置せず、まずは医療機関を受診することが必要です。検査を行い、初期の段階で症状に合わせた適切な治療を開始させることによって、悪化や慢性化を防ぐことにもつながります。

病院(整形外科)での診断・治療

痛みや違和感があるにもかかわらず、病院では異常なしと診断された場合、骨を支える筋肉に原因があると考えられます。筋肉などの軟部組織に起こっている異常は、レントゲン検査では見つけにくいのです。痛みの原因がわからないまま通院し、痛み止めや湿布などを続けていても一時的に抑えるだけで、根本からの改善にはなりません。
交通事故の状況や衝撃の度合いは、それぞれ違います。むち打ち症を改善するためには、まず身体全体の状態を診て、痛みを引き起こしている原因をしっかり突き止めることが大切なのです。

さいとう整骨院の交通事故治療

当院は、手技療法を中心に、一人一人の症状に合わせて施術を行います。事故の衝撃によるゆがみを調整し、骨格や筋肉を正常な状態に戻すことで、身体全体の機能を回復させることが早期改善への近道になります。
交通事故によるケガの場合、自賠責保険が適用されるため治療費はかかりません。当院は必要に応じて弁護士の紹介もしておりますのでご安心ください。
現在、病院に通院中だが治療に納得できない、軽い痛みだから我慢している・・・など、交通事故治療に関してお悩みの方はお気軽にご相談ください。
健康な日常生活を一日も早く取り戻すために全力でサポートします。

2016/07/26